フィギュアスケート 上達 バレエ 習う

フィギュアスケートの上達にバレエを習う

現在日本で活躍しているフィギュアスケートの選手の中には、
バレエのレッスンを取り入れているという話は、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

また、トップスケーターの中には、小さい頃フィギュアスケートと
バレエを同時に習っていたという選手も少なくないようです。

 

このような理由から、フィギュアスケートを習っている人や
習っているお子さんのレベルを上げるために、
バレエのレッスンを同時にさせたいと考えている人もたくさんいらっしゃいます。

 

結論から言うと、フィギュアスケートを習っている人の
レベルがどうかによって、判断するのが良いでしょう。

 

氷の上と床の上ではバランスの取り方がまったく違います。

 

また、スケート靴を履いているのと履いていないのとでは、
身体の感じ方にも大きな違いがあります。

 

バレエは体を使って表現するダンス系の基本と言われています。

 

無駄とは言いませんが、フィギュアスケートを始めたばかりなら、
氷の上での動きを身体に覚えさせることを優先すべきです。

 

フィギュアスケートを習い続けて、
氷の上で上手に動き回れるようになったタイミングで、

 

より高度なバランス感覚や柔軟性を求めるために
バレエのレッスンを取り入れるのが良いでしょう。

 

この流れが一番スムーズな方法と言えるのではないでしょうか。

 

小さいお子さんの場合、フィギュアスケートとバレエを同時に習うのは、
精神的にも身体的にも相当キツイものです。

 

バレエを取り入れるのは、フィギュアスケートが
楽しめるようになってからでも十分です。

 

焦らずにレベルをきちんと把握しながら、バレエを取り入れましょう。